為替市況コメント(2018年5月29日 18:00)|FX初心者におすすめの情報と株入門

イタリアの政局不安で、ユーロ円下落。

2018年5月29日 18:00

29日の外国為替市場は、イタリアの政局不安を嫌気しユーロが全面的に売られた。イタリアでは今年3月の選挙で躍進した「五つ星運動」と「同盟」が連立政権の樹立を目指すも、連立政権の反EU色に難色を示したマッタレッラ大統領により阻止されてしまう。その後、大統領側が親EU派の人物を次期首相に指名するなどして、議会多数派側との対立は一層強まり、このことがユーロ相場の波乱のきっかけとなったようだ。本日のユーロ円の値動きを見てみると、序盤は127円台を維持し下げ渋る動き。しかし、中盤以降は上記の材料が嫌気され126円台の半ばまで下落。欧州時間に入ると下落の幅をさらに広がり、一時本日の安値125.720円まで下落している。イタリアの政局不安へのリスクが今後も懸念されるようであればユーロ円の下落はまだ続くと思われる。そうなった場合、まずは節目である125.00円を試しに来るのではないだろうか。

免責事項

本ホームページはカネツFX証券(株)の顧客である貴殿に対し、専ら貴社・貴殿にご利用頂く為にご提供申し上げるものです。記載内容は同意を得た場合を除き、第三者に開示することはできません。このような情報にはカネツFX証券(株)により確認されていない情報が含まれていることもありますので、全てご自身のリスクでこれらをご利用下さい。カネツFX証券(株)は本ホームページに記載の情報いずれについても、その信頼性、正確性または完全性について何ら表明または保証するものではありません。本ホームページで述べられている意見は表示の日付のカネツFX証券(株)の判断であり、予告無しに変更または取消されることがあります。

トップへ戻る