為替市況コメント(2018年5月3日 20:00)|FX初心者におすすめの情報と株入門

じりじりと水準を下げる展開。このあと米雇用関連指標の発表。

2018年5月3日 20:00

3日東京時間の外国為替市場は、じりじりと水準を下げる展開となっている。米ドル円はじりじりと水準を下げ一時109.395円まで価格を切り下げたほか、クロス円通貨ペアではユーロ円が一時131.125円まで軟化する展開となっている。この値動きについて一部の市場関係者からは、早朝、連邦公開市場委員会(FOMC)後の声明が公表となり、米ドル円は一時110円台へと上昇する場面があった。しかし、その後は米国株式市場にて主要な指数が続落するなど、相対的にリスク動向が悪化したことを背景に円を買う動きが出たことや、大台到達による達成感などからポジション調整が入ったことも一因のようだとの声が聞かれている。この後の時間では、21:30に米新規失業保険申請件数(予想:22.5万件 前回:20.9万件)や23:00に3月米耐久財受注【確報値】(予想:1.4% 前回:1.2%)などの発表が予定されているものの、明日は4月米雇用統計の発表が控えていることから、予想値と大幅なかい離がない限り、指標への反応は一時的となりそうかとの指摘もあった。

免責事項

本ホームページはカネツFX証券(株)の顧客である貴殿に対し、専ら貴社・貴殿にご利用頂く為にご提供申し上げるものです。記載内容は同意を得た場合を除き、第三者に開示することはできません。このような情報にはカネツFX証券(株)により確認されていない情報が含まれていることもありますので、全てご自身のリスクでこれらをご利用下さい。カネツFX証券(株)は本ホームページに記載の情報いずれについても、その信頼性、正確性または完全性について何ら表明または保証するものではありません。本ホームページで述べられている意見は表示の日付のカネツFX証券(株)の判断であり、予告無しに変更または取消されることがあります。

トップへ戻る