現受けについて|商品策物取引の説明

現受けについて

現受けとは

当社は、先物市場を利用した「現受け(現引き)」による金などの地金の購入が可能です。
現受けとは、先物取引の決済方法のひとつ受渡決済において、現物を受け取って決済することをいいます。

現受けについての詳細及び流れにつきましては、下記の「現受渡しの手引き」をご覧ください。

現受渡しの手引き

※金以外(白金・銀・パラジウム)も当社では受渡決済が可能です。
※受渡決済は倉荷証券で行います。そのため、地金での受け取りを希望される場合には別途出庫料の支払いが必要です。

「現受け」の注意点~受渡し費用等について

消費税額について
取引当初の建玉をした段階では、相手方が現物の受渡しを行うかどうか不明確なため、受渡し消費税額を事前に計算できません。現物の受渡しによる決済を行う場合は、納会日の納会値段によって受渡しに用いる消費税を計算するルールとなっています。したがって、受渡しに必要な総代金は、あらかじめ多めにお預かりし、受渡しが済んだ後にその余剰の資金を返金することになります。

現金決済先物取引について
「金先物ミニ取引」・「白金先物ミニ取引」は現金決済取引という仕組みの元で行われ、現物の受渡しを伴わない取引です。よって、金、白金のミニ取引では「現受け」「現渡し」はできません。
また、当社では東京金限日取引、東京白金限日取引における地金の買い付けも取り扱っておりません。

ロスカット口座、損失限定取引について
ロスカット口座、損失限定取引では、「現受け」「現渡し」はできません。受渡しをご希望のお客様は口座開設の際、一般口座をお選びください。

地金の受渡しについて
基本的には倉荷証券での受渡しになりますが、地金での受け取りをご希望の場合には、倉庫会社から金地金を出庫する際の出庫料330円/枚(税込)が必要です。一方、「現渡し」の際、お手持ちの地金を用いる場合には、受渡しが倉荷証券で行われるため、お手元の地金を一度売却いただき、代わりに倉荷証券を購入いただく必要があります。
この手続きの詳細や手数料については、お問合せください。

このページで説明した「金」地金については、1,000g均一であるため、重量差分の精算の必要はありません。しかし、受渡しできる貴金属のうち白金・銀・パラジウムについては、受渡品の供用量目に許容限度(白金は2%以内、銀は6%以内、パラジウムは15%以内の増減であれば受渡しが可能)が設られています。したがって、金以外の貴金属で受渡しを行い、受け取った地金が供用量目に対し過不足を生じている場合には、納会値段にて受払いして精算する必要がありますのでご注意ください。

その他
・「現受け」「現渡し」を行うためには納会日まで建玉を保有していることになります。その間、買値、売値は変わりませんが、相場は変動します。そのため、相場変動に伴い追加の証拠金が必要な場合があります。資金については常にご注意ください。
・委託手数料ならびに受渡手数料は変更することがあります。

免責事項

本ホームページはカネツFX証券(株)の顧客である貴殿に対し、専ら貴社・貴殿にご利用頂く為にご提供申し上げるものです。記載内容は同意を得た場合を除き、第三者に開示することはできません。このような情報にはカネツFX証券(株)により確認されていない情報が含まれていることもありますので、全てご自身のリスクでこれらをご利用下さい。カネツFX証券(株)は本ホームページに記載の情報いずれについても、その信頼性、正確性または完全性について何ら表明または保証するものではありません。本ホームページで述べられている意見は表示の日付のカネツFX証券(株)の判断であり、予告無しに変更または取消されることがあります。

トップへ戻る