初心者におすすめの商品先物取引口座案内

商品先物取引

商品先物取引とは?

商品先物取引とは、 農産物や工業資源などの商品を将来の決められた期日に商品の受渡しを約束する取引です。そして、必ずしも商品の受渡しを行う必要がないのが商品先物取引の特徴です。つまり、納会の前であれば「買い」の取引は「売る(転売)」ことにより、 「売り」の取引は「買う(買戻し)」ことにより、 買った時または売った時の価格と現在の価格との差額を精算して取引を終了できるのです。これを「差金決済」といいます。

取引には期限がある!?

商品先物取引は将来の決められた期日に商品の受渡しを約束する取引ですから、取引には期限があります。この期限の月を「限月(げんげつ)」その限月の最終取引日を「納会日」といいますが、限月や納会日は商品によって異なります。納会日を迎えるとその限月の取引は終了となりますが、 代わって新しい限月の取引 が始まります。この取引の始まりから納会日までの 期聞は最長で1年です。

商品先物取引は「証拠金取引」

株取引では売買代金の全額を受払いしますが、商品先物取引では総額の3~8%程度の「取引証拠金」を取引の担保として預託し売買を始めることができます。 この投資資金効率の良さは商品先物取引のメリッ卜ですが、証拠金の額に比べて十数倍~三十数倍の取引をするため、場合により差入証拠金以上の損失が発生する可能性があるため注意が必要です。

どんなモノが取引できるの?

商品先物取引は、 商品先物取引法に基づき農林水産大臣または経済産業大臣の許可を受けた商品取引所が開設する商品先物市場で行われています。 日本には現在2つの商品取引所があり、貴金属、農産物、石油製品など生活に密着した多様な商品や商品指数が上場されています。

免責事項

本ホームページはカネツFX証券(株)の顧客である貴殿に対し、専ら貴社・貴殿にご利用頂く為にご提供申し上げるものです。記載内容は同意を得た場合を除き、第三者に開示することはできません。このような情報にはカネツFX証券(株)により確認されていない情報が含まれていることもありますので、全てご自身のリスクでこれらをご利用下さい。カネツFX証券(株)は本ホームページに記載の情報いずれについても、その信頼性、正確性または完全性について何ら表明または保証するものではありません。本ホームページで述べられている意見は表示の日付のカネツFX証券(株)の判断であり、予告無しに変更または取消されることがあります。

トップへ戻る