株価指数市況コメント(2020年8月12日 7:50)|FX・株初心者におすすめのセミナーが満載

日経225は、終盤に押される展開に。

2020年8月12日 07:50

11日、欧米時間帯の日経225は、概ね22,800円を挟んだ取引となっていたが、終盤に上昇幅を削る展開となり22,603円が終値となった。ここ数日は、FRBの緩和政策が長期化するとの見方や、大胆な財政支出が打ち出さたことで、株式市場全般にしっかりとした展開となっていたが、米国時間終盤に共和党のマコネル上院院内総務が「米景気対策の交渉は行き詰まっている」との発言が報道されると一転、反落に転じた格好に。チャートは、日足線が6月半ばから概ね22,000円から23,000円のレンジ内での推移となっている。上下どちらに離れるかは見解の分かれる場面だが、離れた方についていきたい。

免責事項

本ホームページはカネツFX証券(株)の顧客である貴殿に対し、専ら貴社・貴殿にご利用頂く為にご提供申し上げるものです。記載内容は同意を得た場合を除き、第三者に開示することはできません。このような情報にはカネツFX証券(株)により確認されていない情報が含まれていることもありますので、全てご自身のリスクでこれらをご利用下さい。カネツFX証券(株)は本ホームページに記載の情報いずれについても、その信頼性、正確性または完全性について何ら表明または保証するものではありません。本ホームページで述べられている意見は表示の日付のカネツFX証券(株)の判断であり、予告無しに変更または取消されることがあります。

トップへ戻る