株価指数市況コメント(2020年8月6日 7:30)|FX・株初心者におすすめのセミナーが満載

日経225は、小幅な値動きとなる。

2020年8月6日 07:30

5日、欧米時間帯の日経225は22,000円台半ばを小幅な値動きで推移し22,407円で終了した。米国の7月ISM非製造業景気指数(予想:55.0、結果:58.1、前回:57.1)は、3ヵ月連続での改善を示し予想も上回った発表にとなった。また、トランプ大統領から、米雇用統計について「大きな数字が出てくる」と述べたことが伝わったこともあり、NYダウは堅調に推移し、高値27,187ポイントまで買われた。一方、日経225は、今週の反発である程度織り込んでいたためか反応の薄い展開となった。チャートは、5日移動平均線(5日現在:22,251円)が下値をサポートする格好となっており、この付近を安値の目途とし6月5日の高値23,235円を目標とする押し目買い有利の展開を予想する。

免責事項

本ホームページはカネツFX証券(株)の顧客である貴殿に対し、専ら貴社・貴殿にご利用頂く為にご提供申し上げるものです。記載内容は同意を得た場合を除き、第三者に開示することはできません。このような情報にはカネツFX証券(株)により確認されていない情報が含まれていることもありますので、全てご自身のリスクでこれらをご利用下さい。カネツFX証券(株)は本ホームページに記載の情報いずれについても、その信頼性、正確性または完全性について何ら表明または保証するものではありません。本ホームページで述べられている意見は表示の日付のカネツFX証券(株)の判断であり、予告無しに変更または取消されることがあります。

トップへ戻る