株価指数市況コメント(2020年8月3日 9:00)|FX・株初心者におすすめのセミナーが満載

週末、欧米時間帯の日経225は、21,800円を挟んだ取引に

2020年8月3日 09:00

週末、欧米時間帯の日経225は、21,800円を挟んだ取引となり、終値は21,885円となった。先週は、新型コロナウイルスの感染拡大に歯止めがかからないことや、米中関係悪化が懸念材料として浮上してきたことにより景気の先行きへの不透明感が一段と高まり上値を削る展開となった。今週もこの問題が相場の強弱材料となりそうだが、週末には米雇用統計7月(非農業部門雇用者数、予想: 163.5万人、失業率、10.5%)が発表になる。どのような数字となるのか注目したい。チャートは、週足線が2週連続の陰線引けとなっており上値の重さが感じられる。6月15日につけた21,325円を当面の目標とした戻り売り有利の展開を予想する。

免責事項

本ホームページはカネツFX証券(株)の顧客である貴殿に対し、専ら貴社・貴殿にご利用頂く為にご提供申し上げるものです。記載内容は同意を得た場合を除き、第三者に開示することはできません。このような情報にはカネツFX証券(株)により確認されていない情報が含まれていることもありますので、全てご自身のリスクでこれらをご利用下さい。カネツFX証券(株)は本ホームページに記載の情報いずれについても、その信頼性、正確性または完全性について何ら表明または保証するものではありません。本ホームページで述べられている意見は表示の日付のカネツFX証券(株)の判断であり、予告無しに変更または取消されることがあります。

トップへ戻る