株価指数市況コメント(2020年7月16日 20:30)|FX・株初心者におすすめのセミナーが満載

買い続かず、じり貧商状に

2020年7月16日 20:30

16日、東京株式市場の日経225は頭の重さが意識され、徐々に上値を削る展開となった。米主要株価指数が揃って上昇となったことを受け22,900円近辺からのスタートとなった日経225だったが、寄付き直後から頭の重さが目立つ流れに。ウイルスワクチン開発への期待感から海外株式市場が総じて堅調となったものの買いが続かず上昇幅を縮小していたことや、世界的にコロナウイルス感染第2波への懸念が強まる中で日本国内における感染者拡大の動きが目立ち始めていることなどを背景に、株価の上値追いへの警戒も意識された模様。また、この日発表された中国の第2四半期GDPが+3.2%と、予想の+2.4%を上回る結果となったものの、イベント通過による利益確定の動きからか上海株が3%程度下落していたことも相場の重石となった。

免責事項

本ホームページはカネツFX証券(株)の顧客である貴殿に対し、専ら貴社・貴殿にご利用頂く為にご提供申し上げるものです。記載内容は同意を得た場合を除き、第三者に開示することはできません。このような情報にはカネツFX証券(株)により確認されていない情報が含まれていることもありますので、全てご自身のリスクでこれらをご利用下さい。カネツFX証券(株)は本ホームページに記載の情報いずれについても、その信頼性、正確性または完全性について何ら表明または保証するものではありません。本ホームページで述べられている意見は表示の日付のカネツFX証券(株)の判断であり、予告無しに変更または取消されることがあります。

トップへ戻る