株価指数市況コメント(2020年7月14日 7:50)|FX・株初心者におすすめのセミナーが満載

日経225、しっかりとした展開も終盤売られる

2020年7月14日 07:50

13日、欧米時間帯の日経225は、序盤かしっかりとした展開となり一時22,822円の高値を付ける場目もあった。その後、米国時間帯の中盤から下げ始め終盤にかけて下げが加速し22,502円が終値となった。序盤からの上昇は、クドロー米国家経済会議(NEC)委員長から「V字回復の軌道に障害は生じず、下期は20%を上回るプラス成長を予想している」との発言やG7財務相らがテレビ会議を開き、失速した世界経済回復への対応策を協議との報道がつたわり、景気回復への期待感が高まった模様。ただ終盤は、コロナウィルス感染第2波への懸念から早期の景気回復に懐疑的な見方も根強く売り圧力に押された格好となった。テクニカルは、日足線が6/23の高値22,784円を抜き持ち合いを上に抜けたかに見えたが、結局上髭の陰線引けとなった。しばらく22,000円台での保ち合い相場を予想する。

免責事項

本ホームページはカネツFX証券(株)の顧客である貴殿に対し、専ら貴社・貴殿にご利用頂く為にご提供申し上げるものです。記載内容は同意を得た場合を除き、第三者に開示することはできません。このような情報にはカネツFX証券(株)により確認されていない情報が含まれていることもありますので、全てご自身のリスクでこれらをご利用下さい。カネツFX証券(株)は本ホームページに記載の情報いずれについても、その信頼性、正確性または完全性について何ら表明または保証するものではありません。本ホームページで述べられている意見は表示の日付のカネツFX証券(株)の判断であり、予告無しに変更または取消されることがあります。

トップへ戻る