株価指数市況コメント(2020年7月2日 8:20)|FX・株初心者におすすめのセミナーが満載

NYダウは一時26,014ptまで上昇するも買いは続かず。

2020年7月2日 08:20

1日、欧米株式市場のNYダウは製薬会社のファイザーが新型コロナウイルスのワクチン開発において、初期の臨床試験で良好な結果を得たと発表したことなどを受け、開発期待などから一時26,014ptまで上昇したが、その後は買いが続かず25,700pt付近で上値が重い展開となった。現状、米国内では新型コロナウイルスの感染が広がり、1日にアリゾナ州とカルフォニア州で新規感染者数が過去最多を記録している。また、ニューヨーク市は7月6日に予定していたレストランでの店内飲食の再開について延期を発表した。そのほか、アップルが米国内の30店舗を新たに再閉鎖することなどが伝わっており、米経済活動の正常化には今しばらく時間がかかるとの見方も強い。テクニカル的にはNYダウは下方に位置する5日移動平均線(25,579pt)付近がサポートとなるか注目したい。

免責事項

本ホームページはカネツFX証券(株)の顧客である貴殿に対し、専ら貴社・貴殿にご利用頂く為にご提供申し上げるものです。記載内容は同意を得た場合を除き、第三者に開示することはできません。このような情報にはカネツFX証券(株)により確認されていない情報が含まれていることもありますので、全てご自身のリスクでこれらをご利用下さい。カネツFX証券(株)は本ホームページに記載の情報いずれについても、その信頼性、正確性または完全性について何ら表明または保証するものではありません。本ホームページで述べられている意見は表示の日付のカネツFX証券(株)の判断であり、予告無しに変更または取消されることがあります。

トップへ戻る