株価指数市況コメント(2019年9月6日 15:00)|FX・株初心者におすすめのセミナーが満載

8月米雇用統計待ち

2019年9月6日 15:00

6日日本時間の日経225は、21,200円を挟んだ小幅な値動き推移した。週末要因が意識されたか積極的に買い上がるまでの展開には至らなかったが、全体として底堅さが意識される取引となった。中華圏を中心にアジア市場が堅調な値動きとなったことも良好な地合いを支えた模様である。さて、本日21:30には米労働省の8月雇用統計発表が控える。民間のADP雇用統計が予想を大きく上振れる内容(非農業部門雇用者数 予想14.9万人増→結果19.5万人増)だったため相応に期待感は強まりをみせている。17、18日に予定されるFOMCの利下げ観測に大きな影響を与える可能性があり市場の注目度は高い。非農業部門の雇用者数は15.8万人増との予想だが果たして。

免責事項

本ホームページはカネツFX証券(株)の顧客である貴殿に対し、専ら貴社・貴殿にご利用頂く為にご提供申し上げるものです。記載内容は同意を得た場合を除き、第三者に開示することはできません。このような情報にはカネツFX証券(株)により確認されていない情報が含まれていることもありますので、全てご自身のリスクでこれらをご利用下さい。カネツFX証券(株)は本ホームページに記載の情報いずれについても、その信頼性、正確性または完全性について何ら表明または保証するものではありません。本ホームページで述べられている意見は表示の日付のカネツFX証券(株)の判断であり、予告無しに変更または取消されることがあります。

トップへ戻る