株価指数市況コメント(2019年9月2日 16:00)|FX・株初心者におすすめのセミナーが満載

米国市場はレーバーデーのため休場

2019年9月2日 16:00

2日、日本時間帯日経225は、米トランプ政権が1日、約1100億ドル相当の中国製品への追加関税を発動すると中国側も同日に新たな関税を発表するなど、報復合戦の様相を強たことを受け20,599円と安寄りし、一時20,577円まで売られる場面がみられた。その後、10:45に中国で8月の財新製造業PMIが発表され、50.4と、予想:49.8および前回:49.9を上回る内容となり中国株がしっかりで推移。この流れを好感する格好で日経225も底堅い値動きとなった。なお、本日の米国市場がレーバーデーで休場となる為、市場全般動きづらい展開が予想されるが、米中からのコメントに一喜一憂する展開が続いており双方の不意をつく発言には留意したいところだ。

免責事項

本ホームページはカネツFX証券(株)の顧客である貴殿に対し、専ら貴社・貴殿にご利用頂く為にご提供申し上げるものです。記載内容は同意を得た場合を除き、第三者に開示することはできません。このような情報にはカネツFX証券(株)により確認されていない情報が含まれていることもありますので、全てご自身のリスクでこれらをご利用下さい。カネツFX証券(株)は本ホームページに記載の情報いずれについても、その信頼性、正確性または完全性について何ら表明または保証するものではありません。本ホームページで述べられている意見は表示の日付のカネツFX証券(株)の判断であり、予告無しに変更または取消されることがあります。

トップへ戻る