株価指数市況コメント(2019年8月23日 17:30)|FX・株初心者におすすめのセミナーが満載

日経225、しっかりとした足取りとなる

2019年8月23日 17:30

23日日本時間の日経225は、20,649で寄り付き早々に本日の安値20.610円を付けた。その後、為替がやや円安に振れたことで、しっかりとした足取りとなり15:30ごろに本日の高値20,767円を付けた。現在は、20,700円前半での取引となっている。アジア株はまちまちの動きとなった。韓国政府が22日、日本との軍事情報協定破棄を表明したことから、株価への影響が心配されたが、各市場とも影響は見られなかった。市場の関心は、本日予定されているジャクソンホール会議におけるパウエルFRB議長の講演内容と、週末に行われるG7に移っている模様である。パウエルFRB議長の講演内容では、今後の金利政策での言及が、どの程度踏み込んで話されるのか、またG7では、史上初めて「首脳宣言」が作成されない見通しであることから、その動向が注目される。チャートは、日足は、下値切り上げ型になっており、8/15を起点とした短期上昇トレンドのサポートライン20,700円付近がサポートされる格好となっており、押し目買い方針として対応したい。

免責事項

本ホームページはカネツFX証券(株)の顧客である貴殿に対し、専ら貴社・貴殿にご利用頂く為にご提供申し上げるものです。記載内容は同意を得た場合を除き、第三者に開示することはできません。このような情報にはカネツFX証券(株)により確認されていない情報が含まれていることもありますので、全てご自身のリスクでこれらをご利用下さい。カネツFX証券(株)は本ホームページに記載の情報いずれについても、その信頼性、正確性または完全性について何ら表明または保証するものではありません。本ホームページで述べられている意見は表示の日付のカネツFX証券(株)の判断であり、予告無しに変更または取消されることがあります。

トップへ戻る