株価指数市況コメント(2019年8月16日 15:00)|FX・株初心者におすすめのセミナーが満載

材料待ち

2019年8月16日 15:00

16日、日本時間帯の日経225は、米国時間帯の流れを引き継ぎ20,400円前後の小幅な値動きとなっている。中国市場が小幅しっかりとなっているものの、アジア市場全体としては強弱まちまちで方向感に乏しい状況といえそうだ。今週は、NYダウが800ドルもの急落を演じるなど相場の下方圧力が強まりやすい不安定な地合いが続いていたが、行き過ぎを警戒する動きもあって日経225は節目の大台である20,000円は死守した格好となっている。ただ、全体的な相場環境としては、米中対立が収まる気配をみせず香港の情勢も混乱が続いており、各市場とも下落場面からの修正にしてはその戻り歩調の鈍重さが目立つ状況にある。日本市場はお盆休みで積極的な売買が手控えられているとみられるが、さらに相場の出直りには新規材料を待ちたいところだ。

免責事項

本ホームページはカネツFX証券(株)の顧客である貴殿に対し、専ら貴社・貴殿にご利用頂く為にご提供申し上げるものです。記載内容は同意を得た場合を除き、第三者に開示することはできません。このような情報にはカネツFX証券(株)により確認されていない情報が含まれていることもありますので、全てご自身のリスクでこれらをご利用下さい。カネツFX証券(株)は本ホームページに記載の情報いずれについても、その信頼性、正確性または完全性について何ら表明または保証するものではありません。本ホームページで述べられている意見は表示の日付のカネツFX証券(株)の判断であり、予告無しに変更または取消されることがあります。

トップへ戻る