株価指数市況コメント(2019年8月14日 11:00)|FX・株初心者におすすめのセミナーが満載

買戻しに上伸

2019年8月14日 11:00

13日、欧米時間帯の日経225は、欧州時間帯において概ね20,300円前後で推移した後、NY時間帯では一気にレンジを切り上げ概ね20,700円台での取引となった。トランプ米大統領が9月1日に発動予定の中国に対する追加関税第4弾について、一部品目の課税を12月に先送りすることを発表。米中摩擦へ懸念が後退したことを好感する形で株式市場は買い優勢展開で推移した。リスク選好のムードは外為市場にも波及することとなり、昨日までの主要通貨に対する円買いの流れが一服したことも日経225の上伸基調を後押しした。相場下落後の戻りを試す展開だが、概ね行き過ぎを意識した買戻しが先行しているようで、本格的な出直りを期待するには時期尚早か。中国報道で9月の追加関税発動前に電話による米中協議が行われると伝えられたことも支援材料となっているようだが、解決へ前進しているようにはみえず、懸念払しょくまでには時間を要することとなりそうだ。

免責事項

本ホームページはカネツFX証券(株)の顧客である貴殿に対し、専ら貴社・貴殿にご利用頂く為にご提供申し上げるものです。記載内容は同意を得た場合を除き、第三者に開示することはできません。このような情報にはカネツFX証券(株)により確認されていない情報が含まれていることもありますので、全てご自身のリスクでこれらをご利用下さい。カネツFX証券(株)は本ホームページに記載の情報いずれについても、その信頼性、正確性または完全性について何ら表明または保証するものではありません。本ホームページで述べられている意見は表示の日付のカネツFX証券(株)の判断であり、予告無しに変更または取消されることがあります。

トップへ戻る