株価指数市況コメント(2019年8月13日 15:00)|FX・株初心者におすすめのセミナーが満載

力強さ欠く展開に

2019年8月13日 15:00

13日、日本時間帯の日経225は、概ね20,400円台の取引となった。為替市場において米ドル円がやや円安に振れたことで米国時間帯の安値20,268円からは切り返した格好である。アジア株はNY株式市場の下落基調を織り込む形で総じて軟調。米中摩擦に加えてイタリアやアルゼンチンの政治的リスクが嫌気されたほか、香港のデモ活動の過激化が中華圏の株価動向の重石として意識される状況のようだ。中国当局はデモ激化を「重大局面」とし「テロリズムの兆候だ」と警告している。これら問題解決にはしばらく時間がかかるとみられ、世界的な景気の先行きに対する懸念として影を落としている。日経225もしばらく、力強さに欠ける展開を余儀なくされることとなるか。

免責事項

本ホームページはカネツFX証券(株)の顧客である貴殿に対し、専ら貴社・貴殿にご利用頂く為にご提供申し上げるものです。記載内容は同意を得た場合を除き、第三者に開示することはできません。このような情報にはカネツFX証券(株)により確認されていない情報が含まれていることもありますので、全てご自身のリスクでこれらをご利用下さい。カネツFX証券(株)は本ホームページに記載の情報いずれについても、その信頼性、正確性または完全性について何ら表明または保証するものではありません。本ホームページで述べられている意見は表示の日付のカネツFX証券(株)の判断であり、予告無しに変更または取消されることがあります。

トップへ戻る