株価指数市況コメント(2019年8月8日 16:00)|FX・株初心者におすすめのセミナーが満載

下値を切り上げ

2019年8月8日 16:00

8日、日本時間帯の日経225は、米国時間帯終盤の流れを引き継ぎ20,643円で取引開始となった後、上下に振れる展開に。明確な方向感を見出せぬまま、午前中に安値20,493円から高値20,711円まで、動意の幅は広がりをみせた。今月に入り1,000円を超える下げをみせた後だけに目先は自律反発しやすい環境にあると思われるが、米中協議の先行きに対する警戒感がくすぶるなか、世界景気減速に対する懸念が株式市場の重石となっている。今回の下げ局面でこれら悪材料を織り込み切ったか判断の分かれるところだが、ここ3日ほどチャートの日足線では安値から下値を切り上げる切り返しの動きが確認でき、相応に押し目買いへの意識の強さがみてとれる。ここから出直りムードにつなげられるか。

免責事項

本ホームページはカネツFX証券(株)の顧客である貴殿に対し、専ら貴社・貴殿にご利用頂く為にご提供申し上げるものです。記載内容は同意を得た場合を除き、第三者に開示することはできません。このような情報にはカネツFX証券(株)により確認されていない情報が含まれていることもありますので、全てご自身のリスクでこれらをご利用下さい。カネツFX証券(株)は本ホームページに記載の情報いずれについても、その信頼性、正確性または完全性について何ら表明または保証するものではありません。本ホームページで述べられている意見は表示の日付のカネツFX証券(株)の判断であり、予告無しに変更または取消されることがあります。

トップへ戻る