株価指数市況コメント(2019年8月2日 10:00)|FX・株初心者におすすめのセミナーが満載

トランプ大統領の発言で雰囲気は一変

2019年8月2日 10:00

1日、欧米時間帯の日経225は、序盤から日本時間帯の流れを引き継ぎ概ね21,500円台の取引が続いたが、米国時間の終盤にトランプ大統領の発言で雰囲気は一変して21,100円台まで売られ21,124円で終了した。大統領は9月1日から一部中国製品に10%の関税を課すと突如発表。まだ関税をかけていない残りの3000億ドル分の中国からの輸入品に10%の関税を課すとしている。中国と合意するまで徹底的に関税を課すとも発言し波乱含みの展開なった。今後の米中交渉の行方を留意したい。

免責事項

本ホームページはカネツFX証券(株)の顧客である貴殿に対し、専ら貴社・貴殿にご利用頂く為にご提供申し上げるものです。記載内容は同意を得た場合を除き、第三者に開示することはできません。このような情報にはカネツFX証券(株)により確認されていない情報が含まれていることもありますので、全てご自身のリスクでこれらをご利用下さい。カネツFX証券(株)は本ホームページに記載の情報いずれについても、その信頼性、正確性または完全性について何ら表明または保証するものではありません。本ホームページで述べられている意見は表示の日付のカネツFX証券(株)の判断であり、予告無しに変更または取消されることがあります。

トップへ戻る