株価指数市況コメント(2019年7月22日 10:00)|FX・株初心者におすすめのセミナーが満載

週末の米時間帯は小動き

2019年7月22日 10:00

19日、米国時間帯の日経225は、21,400円台を中心の狭いレンジ内での取引となった。東京時間帯の急反発商状を受けた取引となったが、NYダウの小動きを眺めながら積極的な買い先行につながる動きはみられず。様子見ムードの強い相場展開を余儀なくされた。NYダウは、FOMC一部メンバーの発言から次回FOMCで0.5%の利下げを期待する声が高まったことで前日比プラス圏での取引が続いていたが、週末要因からか上値は重く総じて小動きに。さらに、7月FOMCでは0.25%の利下げにとどめ追加利下げを示唆する旨のFRB高官の発言が一部報道で伝えられたことから、終盤にかけてNYダウはマイナス圏に沈む場面がみられた。日経225も頭重く、終盤はこの日のレンジの下限に近い21,391円で終了した。

免責事項

本ホームページはカネツFX証券(株)の顧客である貴殿に対し、専ら貴社・貴殿にご利用頂く為にご提供申し上げるものです。記載内容は同意を得た場合を除き、第三者に開示することはできません。このような情報にはカネツFX証券(株)により確認されていない情報が含まれていることもありますので、全てご自身のリスクでこれらをご利用下さい。カネツFX証券(株)は本ホームページに記載の情報いずれについても、その信頼性、正確性または完全性について何ら表明または保証するものではありません。本ホームページで述べられている意見は表示の日付のカネツFX証券(株)の判断であり、予告無しに変更または取消されることがあります。

トップへ戻る