株価指数市況コメント(2019年7月19日 10:00)|FX・株初心者におすすめのセミナーが満載

出直り機運が高まるか

2019年7月19日 10:00

18日、米国時間帯の日経225は、21,200円前後で小動きとなり21,204円で終了した。ダウ平均は、前半は弱含みの展開となったが、午後になってウィリアムズNY連銀総裁が「経済が極度の不安に陥った場合は、FRBは積極的に行動すべき」との発言が伝わり、終盤に入って前半の下げを取り戻した。これまで発表になっている米企業の決算はまちまちな内容が多い。SP500採用銘柄のうち12%が発表を終え、8割以上が予想を上回る利益計上となっているが、見通しについては慎重姿勢が多くみられ減益決算も少なくない。現状、企業業績に対する評価は概ね中立的な状況のようだ。日経225は21,000円割れを辛うじて死守した格好となっているが、円高圧力が強い中で出直り機運が高められるか。

免責事項

本ホームページはカネツFX証券(株)の顧客である貴殿に対し、専ら貴社・貴殿にご利用頂く為にご提供申し上げるものです。記載内容は同意を得た場合を除き、第三者に開示することはできません。このような情報にはカネツFX証券(株)により確認されていない情報が含まれていることもありますので、全てご自身のリスクでこれらをご利用下さい。カネツFX証券(株)は本ホームページに記載の情報いずれについても、その信頼性、正確性または完全性について何ら表明または保証するものではありません。本ホームページで述べられている意見は表示の日付のカネツFX証券(株)の判断であり、予告無しに変更または取消されることがあります。

トップへ戻る