株価指数市況コメント(2019年7月16日 15:00)|FX・株初心者におすすめのセミナーが満載

上値は重く

2019年7月16日 15:00

16日日本時間帯の日経225は、米国時間帯の流れを引き継ぎ21, 600円半ばで始まるが、為替がやや円高に振れたことから21,600円前後の取引となった。アジア株はまちまち、新規材料に乏しく方向感に欠ける展開となっている。上海株は小反落。中国GDPを受けて景気刺激策が打ち出されるとの見方が出ている一方で、中国経済が底入れした可能性は低く、今後も一段と鈍化するとの見方もあり、方向感を掴みづらくしている。日経225は、出遅れ感があるが、外国為替市場では日米金利差縮小の思惑から円高に振れており、これが主力株には逆風材料となる。中国景気の減速に対する警戒感も改めて浮上しており、市場エネルギー不足のなか上値の重い展開が続きそうだ。

免責事項

本ホームページはカネツFX証券(株)の顧客である貴殿に対し、専ら貴社・貴殿にご利用頂く為にご提供申し上げるものです。記載内容は同意を得た場合を除き、第三者に開示することはできません。このような情報にはカネツFX証券(株)により確認されていない情報が含まれていることもありますので、全てご自身のリスクでこれらをご利用下さい。カネツFX証券(株)は本ホームページに記載の情報いずれについても、その信頼性、正確性または完全性について何ら表明または保証するものではありません。本ホームページで述べられている意見は表示の日付のカネツFX証券(株)の判断であり、予告無しに変更または取消されることがあります。

トップへ戻る