株価指数市況コメント(2019年7月2日 10:00)|FX・株初心者におすすめのセミナーが満載

堅調も伸び悩む

2019年7月2日 10:00

1日米国時間帯の日経225は、リスク選好の動きが強まった日本時間帯の流れを引き継いではじまったものの、NYダウの伸び悩みを背景に上値は限られ21,768円で引けた。米中は協議再開で合意し、米トランプ大統領は追加関税の発動を見送った。内容自体は市場の予想通りではあったものの改めて好感している模様。ただ、最終合意に一歩近づいたという印象からは程遠く現状維持といったところで、リスク選好ムードが長続きするかは未知数との見方も出ている。また、日韓徴用工問題に絡んで日本政府が1日、韓国に対し半導体材料の輸出規制強化を発表した。今のところ株式市場への目立った影響は確認できないが、韓国側の対抗措置等今後の動きに注意したい。 

免責事項

本ホームページはカネツFX証券(株)の顧客である貴殿に対し、専ら貴社・貴殿にご利用頂く為にご提供申し上げるものです。記載内容は同意を得た場合を除き、第三者に開示することはできません。このような情報にはカネツFX証券(株)により確認されていない情報が含まれていることもありますので、全てご自身のリスクでこれらをご利用下さい。カネツFX証券(株)は本ホームページに記載の情報いずれについても、その信頼性、正確性または完全性について何ら表明または保証するものではありません。本ホームページで述べられている意見は表示の日付のカネツFX証券(株)の判断であり、予告無しに変更または取消されることがあります。

トップへ戻る