株価指数市況コメント(2019年6月26日 15:00)|FX・株初心者におすすめのセミナーが満載

方向感が定まりにくい

2019年6月26日 15:00

26日の日本時間帯の日経225は、米時間帯の流れを引き継ぎ21,100円台半ばで寄り付いた後、決め手となる材料に乏しく狭いレンジでの往来に推移した。注目の米中首脳会談に向けては、米トランプ大統領の「詳細な貿易合意は見込まれていない」との発言が明らかとなる一方で、中国が米フェデックスをブラックリストに追加することを検討、準備作業をほぼ終えていると伝えられており、足元でにわかに目立ちつつあった楽観的見方が一歩後退となる状況に。また、米・イラン間の緊張についても、トランプ大統領がイランの攻撃に対しては強力な報復措置に出る旨の警告を行っており、地政学リスクは日増しに高まりつつある。これら先行き不透明要素が多いことから方向感も定まりにくく、積極的なポジションを取りづらい環境が継続しそうな情勢だ。                                     

免責事項

本ホームページはカネツFX証券(株)の顧客である貴殿に対し、専ら貴社・貴殿にご利用頂く為にご提供申し上げるものです。記載内容は同意を得た場合を除き、第三者に開示することはできません。このような情報にはカネツFX証券(株)により確認されていない情報が含まれていることもありますので、全てご自身のリスクでこれらをご利用下さい。カネツFX証券(株)は本ホームページに記載の情報いずれについても、その信頼性、正確性または完全性について何ら表明または保証するものではありません。本ホームページで述べられている意見は表示の日付のカネツFX証券(株)の判断であり、予告無しに変更または取消されることがあります。

トップへ戻る