株価指数市況コメント(2019年6月21日 10:00)|FX・株初心者におすすめのセミナーが満載

日経225、上げ基調継続 

2019年6月21日 10:00

20日の米国時間帯の日経225は、日本時間帯からの強い地合いを引き継ぎ、21,600円台で始まり、1:30頃21,400円まで売られるが、結局21,528円まで戻して終わった。立会い中にイランの革命防衛隊(IRGC)がホルムズ海峡上空で米国無人偵察機を撃墜とのニュースが流れて緊張が高まった。これに関してトランプ大統領はツイッターで「イランは非常に大きな間違いを犯した」とツイートしていたが、軍事行動への警戒も出ており、株式市場にも緊張感が出ていた模様。ただ、前日のFOMCを受けて市場は早期利下げ期待を高めており、後半は買いの流れが再び強まった模様である。チャートは、現在の値位置が一目均衡表の雲の下限(21,600円付近)にあり、抵抗となる可能性もあり注意して対処したい。

免責事項

本ホームページはカネツFX証券(株)の顧客である貴殿に対し、専ら貴社・貴殿にご利用頂く為にご提供申し上げるものです。記載内容は同意を得た場合を除き、第三者に開示することはできません。このような情報にはカネツFX証券(株)により確認されていない情報が含まれていることもありますので、全てご自身のリスクでこれらをご利用下さい。カネツFX証券(株)は本ホームページに記載の情報いずれについても、その信頼性、正確性または完全性について何ら表明または保証するものではありません。本ホームページで述べられている意見は表示の日付のカネツFX証券(株)の判断であり、予告無しに変更または取消されることがあります。

トップへ戻る