株価指数市況コメント(2019年6月17日 10:00)|FX・株初心者におすすめのセミナーが満載

日経225、横這い

2019年6月17日 10:00

前週末NY時間帯の日経225は、ダウ平均が小動きに終始したことから、21,100円を挟んだ狭いレンジの動きとなり、21,092円で引けた。週明け東京時間帯も21,100円台前半で取引をスタートさせ、様子見ムードが強まる展開に。今週行われるFOMCでの米国政策金利の動向や、月末のG20に市場の関心が向っており、積極的には仕掛けづらい状況にあるとみられる。その他、ホルムズ海峡近くでのタンカー攻撃については不透明な要素が多く、今後地政学的リスクとして影響が大きくなる可能性があり注意を要するが、新たな情報がなければ週前半はレンジを意識した取引が継続するものと予想する。

免責事項

本ホームページはカネツFX証券(株)の顧客である貴殿に対し、専ら貴社・貴殿にご利用頂く為にご提供申し上げるものです。記載内容は同意を得た場合を除き、第三者に開示することはできません。このような情報にはカネツFX証券(株)により確認されていない情報が含まれていることもありますので、全てご自身のリスクでこれらをご利用下さい。カネツFX証券(株)は本ホームページに記載の情報いずれについても、その信頼性、正確性または完全性について何ら表明または保証するものではありません。本ホームページで述べられている意見は表示の日付のカネツFX証券(株)の判断であり、予告無しに変更または取消されることがあります。

トップへ戻る