株価指数市況コメント(2019年3月26日 14:30)|FX・株初心者におすすめのセミナーが満載

買戻しが優勢だが。

2019年3月26日 14:30

25日の東京時間は日経225の買戻しが優勢だった。詳しく値動きを見ると、買戻しの動きはスタートから活発で、序盤の早い時間帯に水準を21,400円台まで回復させる。そして上昇は中盤以降も続き、高値を21,498円まで伸ばすに至った。ところで、本日の日経225が上昇した理由は、昨日の大幅下落に対する反動や欧米時間でNYダウが下げ渋ったことなどが挙げられる。NYダウの下げ渋りについては、先日のFOMCを受けた早期利下げ観測の台頭が影響していると思われる。さて、この後は欧米株式市場でNYダウが本格的に上昇に転じるようであれば、日経225の上昇幅はさらに広がる可能性が高い。とはいえ、不透明感が強まってきている米中貿易協議の行方やメイ首相の辞任観測の強まりで混迷が深まる英EU離脱問題といったリスクを考えると、積極的に上値を追っていく考えには懐疑的な見方もある。そのため、一連の下落がはじまる前の水準である21,600~21,700円台へ上昇する過程には、もう一波乱があることも想定しておきたい。

免責事項

本ホームページはカネツFX証券(株)の顧客である貴殿に対し、専ら貴社・貴殿にご利用頂く為にご提供申し上げるものです。記載内容は同意を得た場合を除き、第三者に開示することはできません。このような情報にはカネツFX証券(株)により確認されていない情報が含まれていることもありますので、全てご自身のリスクでこれらをご利用下さい。カネツFX証券(株)は本ホームページに記載の情報いずれについても、その信頼性、正確性または完全性について何ら表明または保証するものではありません。本ホームページで述べられている意見は表示の日付のカネツFX証券(株)の判断であり、予告無しに変更または取消されることがあります。

トップへ戻る