株価指数市況コメント(2019年3月11日 14:10)|FX・株初心者におすすめのセミナーが満載

日経225の下げは限定的

2019年3月11日 14:10

11日の東京時間は、日経225が底堅い展開だ。先週末の衝撃的な米雇用統計を受け下落が警戒されたが、下げ幅は限定的だった。このように動意が乏しかった理由は、英国のEU離脱関連報道への警戒感が挙げられる。つまり、今週は英議会で合意なき離脱の採決が実施される予定であるため、この成り行きを見守りたいとする姿勢が、取引を消極的にさせたということだ。この後は、米1月小売売上高の結果が控えているが、同じような理由により、結果を受けても動意は生まれないかもしれない。なお、英国EU離脱関連の主なイベントは、12日に協定案の採決、13日に合意なき離脱についての採決。そして14日に期限延長についての採決が予定されている。英国のEU離脱の期限は3月29である。

免責事項

本ホームページはカネツFX証券(株)の顧客である貴殿に対し、専ら貴社・貴殿にご利用頂く為にご提供申し上げるものです。記載内容は同意を得た場合を除き、第三者に開示することはできません。このような情報にはカネツFX証券(株)により確認されていない情報が含まれていることもありますので、全てご自身のリスクでこれらをご利用下さい。カネツFX証券(株)は本ホームページに記載の情報いずれについても、その信頼性、正確性または完全性について何ら表明または保証するものではありません。本ホームページで述べられている意見は表示の日付のカネツFX証券(株)の判断であり、予告無しに変更または取消されることがあります。

トップへ戻る