株価指数市況コメント(2019年2月27日 9:20)|FX・株初心者におすすめのセミナーが満載

NY株式市場は様子見姿勢に3市場委とも小幅反落

2019年2月27日 09:20

NY市場に入り発表された12月住宅建設許可件数は予想を上回ったものの、12月住宅着工件数は予想を大きく下回り、ドルは売られNY株式市場も反落して始まった。ダウは取引開始後-125.94ドルまで下げたが、更に売り込む動きまでは無く、序盤のうちにプラスを回復した。そして米上院銀行委員会で行われたパウエルFRB議長の議会証言は先週20日に公表されたFOMC議事録の内容を踏襲するもので市場には影響薄となり、ダウは前日引値を挟んで揉み合いが続いた。其の後終盤にダウは+63.34ドル高まで上昇したがプラスを維持する事は出来ず、最後は前日比-33.97ドルの2万6,057ドル98セントと小幅反落し、ナスダックとS&P500も小反落で引けた。ダウは2万6,000ドル台に乗せたあとは様子見といった感じの方向性の無い動きとなっており、市場は新たな材料探しをしている状況ではないか。目先は様子を見た方が良さそうだ。

免責事項

本ホームページはカネツFX証券(株)の顧客である貴殿に対し、専ら貴社・貴殿にご利用頂く為にご提供申し上げるものです。記載内容は同意を得た場合を除き、第三者に開示することはできません。このような情報にはカネツFX証券(株)により確認されていない情報が含まれていることもありますので、全てご自身のリスクでこれらをご利用下さい。カネツFX証券(株)は本ホームページに記載の情報いずれについても、その信頼性、正確性または完全性について何ら表明または保証するものではありません。本ホームページで述べられている意見は表示の日付のカネツFX証券(株)の判断であり、予告無しに変更または取消されることがあります。

トップへ戻る