株価指数市況コメント(2019年2月7日 9:00)|FX・株初心者におすすめのセミナーが満載

NY株式市場は揉み合いのあと3市場とも反落で引ける

2019年2月7日 09:00

NY市場で発表されたMBA住宅ローン申請指数はマイナスで、続いて発表された11月貿易収支は赤字幅が縮小してドルは買われたが、NY株式市場は横ばいで始まった。ダウは取引開始後に-99.46ドルまで下げたが下値は買われて序盤のうちにプラスを回復し、其の後は前日引値を挟んで揉み合いとなった。最後は前日比-21.22ドルの2万5,390ドル30セントと4日ぶりに反落し、ナスダックも反落、S&P500は6日ぶりの反落で引けた。トランプ大統領の一般教書演説はメキシコとの国境に壁を建設する意思を示す一方で非常事態宣言には言及しなかったが、暫定予算の期限が迫る中で野党民主党との協議が成立する見込みは低く、再び政府機関閉鎖の可能性が出て来た事がこの日の株価反落に繋がったのかも知れない。好調な米経済と不安定な政治の行方との綱引きが続いており、これまで続いて来た株価の上昇を見ると、ここから買い上がるのは少し不安な気もする。

免責事項

本ホームページはカネツFX証券(株)の顧客である貴殿に対し、専ら貴社・貴殿にご利用頂く為にご提供申し上げるものです。記載内容は同意を得た場合を除き、第三者に開示することはできません。このような情報にはカネツFX証券(株)により確認されていない情報が含まれていることもありますので、全てご自身のリスクでこれらをご利用下さい。カネツFX証券(株)は本ホームページに記載の情報いずれについても、その信頼性、正確性または完全性について何ら表明または保証するものではありません。本ホームページで述べられている意見は表示の日付のカネツFX証券(株)の判断であり、予告無しに変更または取消されることがあります。

トップへ戻る