株価指数市況コメント(2019年1月10日 9:20)|FX・株初心者におすすめのセミナーが満載

FRB理事の発言やFOMC議事録でNY株式市場は4日続伸

2019年1月10日 09:20

NY市場に入り、アトランタ連銀総裁は「12月利上げで金利は中立水準に近付いた可能性が大きい」と発言し、続いてシカゴ連銀総裁も「市場の混乱と貿易問題で下振れリスクが増した」と追加利上げに慎重な姿勢を示した為にNY株式市場は続伸して始まった。ダウは序盤にマイナス圏(-10.89ドル)に落ちたが下値は直ぐに買い戻されてプラスを回復し、其の後も上値を伸ばすと終盤には+198.00ドル高まで上昇した。其の後トランプ大統領が民主党の上院院内総務と下院議長との3者階段を行っていたところ、時間の無駄だとして途中退席した事が伝わって株価は売られたが、最後は前日比+91.67ドル高の2万3,879ドル12セントと4日続伸し、ナスダックとS&P500も4日続伸で引けた。この日伝わったFRB理事らの発言は先週行われたパウエルFRB議長の利上げに慎重な姿勢を踏襲するもので、ドルは売られる一方株式市場には上昇を後押しするものだった様だ。公表されたFOMC議事録も、多くのメンバーが”追加利上げには辛抱強くなれる”とし、”12月利上げは金利を中立水準の下限近くになった”と、これまでと比べてハト派姿勢が強くなっており、株式市場を支援した模様。NY株式市場は下値を買われ易い状況が続いている様だ。

免責事項

本ホームページはカネツFX証券(株)の顧客である貴殿に対し、専ら貴社・貴殿にご利用頂く為にご提供申し上げるものです。記載内容は同意を得た場合を除き、第三者に開示することはできません。このような情報にはカネツFX証券(株)により確認されていない情報が含まれていることもありますので、全てご自身のリスクでこれらをご利用下さい。カネツFX証券(株)は本ホームページに記載の情報いずれについても、その信頼性、正確性または完全性について何ら表明または保証するものではありません。本ホームページで述べられている意見は表示の日付のカネツFX証券(株)の判断であり、予告無しに変更または取消されることがあります。

トップへ戻る