株価指数市況コメント|FX初心者におすすめの口座

株価指数市況コメント

27日欧米時間、株式市場は大荒れの展開となっている。新型コロナウィルス拡大感染のリスクに対する認識が米国でも高まりはじめて株式市場では広範に売り注文が殺到、ダウ平均株価は前日比1190.95ドル安を記録、一日の下げ幅としては2月に記録した1175ドル安を超えて史上最大の値幅となった…
26日日本時間帯の日経225は、立会い開始早々に22, 414円を付けるとその後は、売られる展開となり15時現在22,000を挟んだ取引となっている。新型コロナウイルスを巡っては南極を除く5大陸で感染が確認されたことからパンデミック(世界的な感染拡大)に発展するのではないかとの報道も伝わ…
26日欧米時間の日経225は方向感の乏しい推移となった。新型コロナウィルスの感染拡大が世界各地で広がっており、ウィルス感染拡大の世界景気への影響が引き続き懸念され上値は伸び悩んでいる。一方で、昨日22,000円の大台割れを回避したことで、テクニカル的な見地から押し目を拾う動きも出…
26日日本時間帯の日経225は、午前中に一時22,191円まで売られる場面もあったが、その後下げ幅を縮小し22,400円を挟んだ取引となった。新型コロナウイルスを巡っては欧州各国で感染者が確認され、米疾病対策センター(CDC)も米国内に警戒を促すなど世界的な大流行への不安が高まっている。…
25日日本時間帯の日経225は、立会い開始後に22,261の安値を付けるとその後は底堅く推移し22, 600円を挟んだ取引となった。新型コロナウイルス感染拡大が続くなか、短期に下げ幅が拡大したことによる買い戻しが入っている模様。また、日本政府が新型コロナウイルス感染患者に対して、新型イ…
24日欧米時間、日経225は軟調な展開となった。先週末終値から大幅に軟化した東京時間であったが、欧米時間も勢いそのままにその流れを引き継いで断続的に水準を落とすと、一時22,180円まで本日安値を更新した。短期的な下値目途として意識され、東京時間中にもサポ―トされた、22,500円の水…
24日日本時間帯の日経225は、週末に新型コロナウイルス感染拡大報道が相次いだことを受け概ね売られる展開となり2019/10/19以来の22,400円付近での推移となっている。アジア市場は、感染拡大が韓国で感染が急増したほか、日本や欧州のイタリアにも感染拡大、死亡の確認などが相次いだことか…
今週の日経225は下値探りの展開となりそうだ。日本の祝日で東京市場が休場となりなか、日経225は先週末終値より400円近く下方へ窓を開けてのスタートとなった。新型コロナウィルスの日本国内における感染拡大が本格化し、日本経済への懸念が強まっていることが、日本株売りの背景となってい…
20日欧米時間帯の日経225は、日付が変わって23,607円から23,299円まで売られる場面があった。その後は、底堅く推移し23,510円で終了した。下降場面では、コロナウイルス感染関連で中国での新規感染者数は減少傾向がみられるものの日本や韓国など他国への拡大が深刻化しており改めて日本の景…
19日欧米時間帯の日経225は、概ねしっかりとした値動きとなり23,539円で終了した。中国のウイルス感染に関しては、収束の気配まではまだ確認できていないものの新規の感染者数の伸びは次第に鈍化してきていることから警戒感がやや薄らいだ模様。中国の景気対策への期待感も高まっておりウイ…
18日欧米時間帯の日経225は、概ね23,200円を挟んだ小幅な値動きとなり23,187円で終了した。中国のウイルス感染に関して新規の感染者数の伸びは次第に鈍化してきているものの7万2,346人の感染者が確認されており、同国経済への懸念は根強い。昨日米アップルが中国でのコロナウイルス感染拡大…
17日欧米時間帯の日経225は、概ね23,400円後半の小幅な値動きとなり23,478円で終了した。中国を中心に新型コロナウイルスが猛威を振るい日本国内においても感染拡大が懸念される事態となっていることから、景気減速が心配される。米国市場が休場の中、小動きとなったが本日の東京市場は、テ…
週末欧米時間帯の日経225は、23,500円前後で上値の重い値動きとなり23,496円で終了した。中国のコロナウイルス感染は、依然として収束の気配は見せていない。日本国内においても感染者が増加傾向にあることから経済減速が懸念される。ただ、米国市場では好調な米経済指標や企業好決算を背景…
14日東京時間、日経225は上値の重い推移となった。中国本土における新型コロナウィルスの感染拡大は続いており、市場参加者の警戒感も依然強い。23,600円付近で寄り付いた日経225は、その後23,720円まで一時本日高値を更新したものの、上昇は続かずその後はじりじりと値を削っている。本日…
13日欧米時間帯の日経225は、一時23,527円まで売られる場面があったもののその後下げ幅を縮小し、23,656円で終了した。米国市場では、中国がコロナウイルス感染者数を12日に1万4,840人急増したことを明らかにしたことから前日の楽観ムードが後退した。また、「中国当局はコロナウイルス感染…
13日東京時間の日経225は軟調な展開となった。13日午前0時(日本時間午前1時)、湖北省政府より新型コロナウィルスの感染者数が発表されたが、その数は前日比1万4840人増の4万8206人と急増し、世界全体の感染者数は6万人を超えることとなった。この感染者数の急増の背景には、湖北省政府が…
12日欧米時間帯の日経225は、一時23,900円前後の小幅な取引となり23,885円で終了した。米国市場では、中国のコロナウイルス感染者数が減少傾向に転じたとの報道が伝わったことで米経済の影響は最小限に留まるとの見方や好調な経済指標や堅調な米企業決算が発表されていることもあり堅調に推…
12日東京時間の日経225は、往って来いの展開となった。新型コロナウィルスの感染拡大懸念が一服するなかで強まったリスク選好の流れを後押しに、昨日は堅調な動きとなっていたが、それでも24,000円の大台手前における上値の重さが確認されたことで、午前中は調整売りが優勢となっていた。一…
11日欧米時間帯の日経225は、一時23,931円まで買われる場面もあったが概ね23,800円台での取引となり23,830円で終了した。コロナウイルス関連では、中国の死者が1,000人を超えるなど感染の拡大が続いている。一方、米国市場においては好調な経済指標や堅調な米企業決算が発表されており底堅…
11日東京時間の日経225は堅調な推移となった。新型コロナウィルスの感染拡大は継続しているものの、拡大ペースが鈍化してきたことで事態が収束に向かうことへの期待感が強まっているとのこと。コロナウィルス関連の報道への感応度が高い豪ドルが確りとした推移を見せているように、リスク選…
10日東京時間の日経225は、往って来いの展開となった。新型コロナウィルスの感染拡大は継続しているものの、過度な警戒感は一服している。そのようななか、鴻海テクノロジーが中国工場での生産再開との報が流れたこと等を受け、中国株式市場が堅調さを見せると、本邦株もつられる形で上値を…
週末欧米時間帯の日経225は、概ね重い展開となり23,635円で終了した。日本時間7日22:30に米雇用統計が(非農業部門雇用者結果:22.5万人 予想:16.5万人 前回:14.7万人(14.5万人から修正)失業率 結果:3.6%予想:3.5% 前回:3.5%)とやや強い数字が発表され一時23,809円まで買われる場面も…
7日日本時間帯の日経225は、立会い開始後一時23, 941円の高値をつけたもののその後は重たく推移し概ね23,700円台での取引となった。午前中に新型コロナウイルス関連で厚生労働省から「クルーズ船で新たに41人が感染、クルーズ船での感染者は計61人になった。」と発表されたことが伝わり、…
6日欧米時間帯の日経225は底堅く23,800円台を中心に推移した。このところ米国の景況指標や雇用に関する指標が予想を上回る良好な内容となっていたことを好感する動きが継続。NYダウが史上最高値を更新するなど米株価三指数が揃って上伸する展開を眺めて日経225も地合いを引き締め、23,902円…
6日、欧米時間の日経225は一時23,919円まで上昇し、堅調に推移した。新型コロナウイルスに対する警戒感からのリスク回避姿勢が後退していることに加え、中国が対米報復関税の一部を14日から半分に引き下げることなどが報じられている。米中貿易協議の第一段階の合意に伴い、米国が対中制裁…
6日日本時間帯の日経225は、立会い開始からしっかりとした値動きとなり一時23, 919円まで買われる場面もあった。その後も概ね23,800円台で推移している。WHOは有効な治療法はまだないと否定したもののワクチン開発に大きな前進があったとの報道や、効果的な治療薬を発見したとの報道が伝わ…
5日欧米時間、日経225は堅調な推移を示した。新型コロナウィルスに対するワクチン開発の進展を知らせる報道が確認されたほか、WHOが12日にかけてワクチンや治療薬の開発に向けた専門家会合を開催する旨の発表をし、ウィルス感染拡大に対する懸念後退からリスク選好の地合いが広がった。その…
5日、日本時間帯の日経225は概ね23,200円台の小幅な値動きで推移している。中国人民銀行の大量の資金供給に加え、政府当局による財政投入に伴う景気刺激策への期待感が下値を支える格好となっている。ただ、新型肺炎の感染拡大に対し警戒する報道も多く伝わっていることから上値は重くなっ…
4日欧米時間、日経225は堅調な推移となっている。新型コロナウィルスによる混乱への対応として中国当局の行った資金供給等を好感してリスク選好の地合いが強まった上ことが背景で、欧州時間に位置していた23,000円付近の水準から断続的に水準を押し上げ、一時23,330円へと本日高値を更新し…
4日、日本時間帯の日経225は立会い開始からしっかりとした値動きとなり23,000円を挟んだ取引となった。新型ウイルスの感染拡大に対する警戒感が意識されるなか投資家の過度な不安心理が後退した格好となっている。黒田日銀総裁が衆院予算委員会で新型ウイルスの経済への影響について「今後…
3日欧米時間、日経225は22,900円を中心にもみ合う展開となっている。新型コロナウィルスの動向に対する警戒感が残る一方で、中国当局による金融安定化を支援する措置が功を奏して下値の広がりも抑えられた格好。新型コロナウィルについての話題に一息入ったなかで、市場の注目は米国の1月IS…
今週は、週末(7日)に米雇用統計の発表があるものの、新型コロナウィルスの話題が引き続き市場の最大の関心事となりそうだ。31日にWHOより緊急事態宣言が出され、その後も感染者数の増加が止まっていない。中国当局による最新の報告(2日時点)では中国本土における感染者数は17,000人に上…
31日東京時間の日経225は、軟調な展開となった。昨日、WHOより発せられた新型コロナウィルス感染拡大に対する緊急事態宣言も、中国への渡航や貿易を制限する勧告までは踏み込まなかったことで、発表後はショートカバー優勢の動きとなっていた。しかし、東京時間に一巡すると、再度下値を削…
30日欧米時間帯の日経225は売り買いが交錯する展開となった。NYの早い時間帯では、前日のパウエルFRB議長によるコロナウイルスに対する警戒への言及が嫌気された流れを引き継ぎ売り先行の動きが目立つことに。ウイルス感染者数や中国国内での死者数が増大の一途を辿る現状への懸念が広がる…
30日、日本時間帯の日経225は立会い開始後から売られる展開となり一時年初来安値を更新し22,897円を付けた。市場は感染拡大が止まらないコロナウイルスに対し警戒感は強いままの状況となっている模様。パウエルFRB議長の会見では「ウイルスは深刻な問題で、中国や世界で経済活動の阻害要因…
29日、欧米時間帯の日経225は立会い前半に23,300円を挟んだ小動きとなり23,246円で終了した。FOMCの結果は予想通りに据え置きとなった。その後パウエルFRB議長の会見で「ウイルスは深刻な問題で、中国や世界で経済活動の阻害要因になる」と述べたことが伝わっている。感染拡大が止まらない…
29日、日本時間帯の日経225は立会い前半に23,182円を付けると徐々に戻し始め23,300円を挟んだ取引となっている。昨日までの急落の反動で値ごろ感からの買い戻しが優勢となっている模様。ただ新型コロナウイルス感染拡大への懸念が一段と高まっているため戻りも限定的となっている。中国での…
28日、欧米時間帯の日経225は一時23,015円まで売られる場面があったもののその後確りとした値動きとなり23,331円が終値となった。新型コロナウイルスについて世界保健機構(WHO)のテドロス事務局長が、中国には新型コロナウイルスの感染を管理抑制できる能力があると確信していると表明し…
28日、日本時間帯の日経225は概ね23,100円台での取引となった。引き続き新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大が止まらず、日本企業も打撃を受けるとの懸念が広がっている模様でしばらくリスクオフの地合いが強いられそうだ。テクニカルでは日足線が2019/12/16の高値24,072円2020/1/17の…
27日、欧米時間帯の日経225は23,200円前後のやや重い展開で推移していたが、引けにかけて売り込まれ23,051円が終値となった。市場は引き続き新型コロナウイルスによる感染拡大への懸念からリスク回避の売り優勢の流れとなっている。長期化する場合は経済面の影響がかなり大きくなることも予…
週明け、日本時間帯の日経225は立会い開始早々に23,198円を付けその後23, 400円付近に戻したものの重たく推移、現在23,300円前後の値動きとなっている。市場は依然として新型コロナウイルスによる感染拡大への懸念からリスク回避の売り優勢の流れとなっている模様。中国政府は春節の休暇を…
週末、欧米時間帯の日経225は、重たい値動きとなり23,627円で終了した。連日新型コロナウイルス関連の報道が伝わっている。中国国内で死者が増加、他国での感染も確認され拡散が現実なものとなってしまった。経済面での影響がどの程度でいつまで続くのか未知数のため買い控えが出ることが予…
24日日本時間帯の日経225は、概ね23,700円台の方向感のない展開となった。週末要因と見られる買い戻しによる戻りは見られるものの限定的となっている。今日から中国の春節で大型連休が始まり新型コロナウイルスの拡散懸念で世界の市場が戦々恐々となっている。経済面での影響がどの程度でい…
23日米国時間帯の日経225は、序盤から重い展開となり日付が変わるころ一時23,595円を付けた。その後引けにかけて戻り基調になり23,776円が終値となった。引き続き新型コロナウイルスの拡散懸念が市場の不安材料となっている模様。今日から30日までが中国の春節となるが感染拡大が食い止めら…
23日日本時間帯の日経225は、23,800円を挟んだやや重い展開となっている。中国・武漢市は新型コロナウイルスによる肺炎が集団発生していることを受け、市外に向かうための鉄道駅や空港を一時閉鎖すると発表した。中国市場はじめアジア市場は全般に売られ、拡散懸念が日ごとに高まっている模…
22日欧米時間帯の日経225は、概ね重たく推移し東京時間帯の上昇幅を削る展開となり23,799円が終値となった。新たな材料が出たわけではないが、世界的に広がる懸念のある新型コロナウイルスへの警戒感がポジション調整の動きとなった模様。米中関係の貿易交渉の進展から中国経済の立ち直りが…
22日日本時間帯の日経225は、立会い開始後に安値23,724円を付けるとその後一転戻り基調になり昼頃23,968円の高値を付けた。その後も23,900円台での取引となっている。新型コロナウイルス感染拡大懸念で売られていたが、中国国家衛生健康委員会が会見を行い、春節に伴う旅行で政府は状況を真…
21日欧米時間帯の日経225は、23,800円挟んだ取引が続いたが引けにかけて重い展開となり27,733円が終値となった。アジア時間帯に中国春節に伴う大型連休を前に中国での新型コロナウイルスの感染拡大が懸念されているとの見方が出ていたが、米国内で初となる同ウイルス感染者が確認されたと米…
21日日本時間帯の日経225は、立会い開始早々に重い展開となり一時23, 751円を付けた。その後は落ち着き23,800円を挟んだ取引となっている。アジア株は総じて下落、中国春節に伴う大型連休を前に中国での新型コロナウイルスの感染拡大が懸念されているとの見方が出ている。日本と韓国、タイ…
20日欧米時間帯の日経225は、米国がキング牧師記念日により祝日であったことから取引参加者は限定的となり23,900円台後半での小動きとなった。トランプ米大統領は21日からスイスのダボスで開幕となる世界経済フォーラム(通称:ダボス会議)において、イラクのサハレ大統領やパキスタンのカ…
20日日本時間帯の日経225は、米国時間の流れを引き継ぎ底堅く推移したものの積極的な取引には至らず、24,000円を挟んで小動きに推移した。今夜の米株式市場が休場となるため見送りムードが広がりをみせた模様。この日は上海株が中国人民銀行による資金供給を好感し上昇するなどアジア株は概…
17日欧米時間帯の日経225は、方向感に乏しく23,900円台後半を中心に小動きで推移した。週末のNY株式市場は引き続き底堅い値動きながら小幅の上昇にとどまり、見送りムードの漂う流れに。この日発表となった米住宅関連の指標は概ね良好な内容となっていたほか、米中合意の署名を経て米景気の…
17日日本時間帯の日経225は、米国時間の流れを引き継いで24,000円を上回って取引をスタートしたものの、その後は伸び悩み上値の重さを意識する展開に。大台前後での膠着状態で推移した。NY株高を好感した後は目立った手掛かりが得られず、急速にポジション調整とみられる動きに変化。アジア…
16日欧米時間帯の日経225は、NY株式市場の上昇を眺め底堅い値動きで推移し立会終了間際に24,000円の大台を回復。この日の高値圏で取引終了となった。この日NY株式市場では主要株価三指数が揃って史上最高値を更新し、これを好感する形でくりっく市場においてもリスク選好の動きが先行する流…
16日日本時間帯の日経225は、米国時間の流れを引き継ぎ23,900円前後の小幅な値動きとなっている。米中貿易協議は第1段階の合意文書の署名が行われたが、事前に織り込まれていたうえに第2段階の合意には時間を要するとの見方もあり、上値を追うまでの展開には至らず。ただ、解決へ向けての第…
15日欧米時間帯の日経225は、23,900円を挟んだ取引となり23,863円で終了した。貿易協議は、「第1段階の合意」の署名が行われた。合意の内容も伝わっているが全体的には目新しい内容もなく、株式市場は限定的な反応に留まっている。トランプ大統領が「中国は北朝鮮との問題で米国を助けてい…
15日日本時間帯の日経225は、やや重い展開となり23,800円台前半での取引となった。貿易協議「第1段階の合意」の署名は、日本時間16日未明に行われ、合わせて合意文書の詳細を公表する予定なっている。ムニューシン米財務長官が14日、中国との貿易協議「第2段階」の合意が完了するまで対中関…
14日欧米時間帯の日経225は、23,900円を挟んだ小動きとなり23,926円で終了した。米中貿易問題では、「対中関税は大統領選挙後まで継続」との報道が伝わり第1段階合意後の米中交渉に注目が集まることとなった。市場では米中関係の改善への期待感を先取りしているとの見方があり、高値警戒へ…
14日日本時間帯の日経225は、欧州時間帯の流れを引き継ぎ午前中に一時23,992円まで買われる場面もあった。その後は概ね23,900円台での小幅な値動きとなっている。引き続き第1段階の米中合意に署名が行われる見通しとなっていることが支援材料となっている模様。ただ、日経225は節目の24,000…
13日欧米時間帯の日経225は、概ね堅調に推移し23,891円で終了した。今週は第1段階の米中合意に署名が行われる見通しとなっているなか、トランプ政権が調印への障害を取り除くため中国の為替操作国の認定を解除する計画であるとの報道が伝わったことで、株式市場をサポートした格好となった…
13日、東京株式市場の日経225は一時23,805円まで上昇している。本邦は成人の日で祝日であることから、取引参加者は限定的であったものの、日経225は早朝から23,700円台付近まで強含んだ。現在、欧州時間に入り、日経225は23,790円付近で本日の高値圏で推移している。欧州時間帯から買いの勢…
今週は15日に予定される米中貿易協議第一弾合意の署名式の模様がポイントとなりそう。中国による米国産農産物の購入拡大をはじめ、合意の内容は既に織り込まれているが、土壇場ではしごを外し続けてきた両国だけに、市場は署名完了まで警戒感を緩ませていない。日経225も、底固い動きこそ見…
10日日本時間帯の日経225は、立会い開始後一時23,851円まで買われる場面もあったが概ね23,700円台での取引となった。中東情勢では、米イラン衝突回避への懸念が後退しているものの8日に墜落したウクライナ国際航空の旅客機がイランによるミサイル攻撃で墜落したと米当局者は見解を示した。…
9日欧米時間の日経225は、動意の薄い展開となった。中東における地政学的リスク拡大懸念が和らいで、リスク選好の地合いが広がるなか23,700円を中心とした今週高値圏での取引が継続している。同水準は、年明けのイラク情勢不安による下落前の水準でもあり、一段と水準を押し上げるには、新…
9日、日本時間帯の日経225は、概ねしっかりとした値動きとなり23,600円後半まで買われている。昨晩のトランプ米大統領発言を受けてイランとの衝突が回避されるとの見方が広がっている模様。ただ、東京時間9日早朝に、イラク首都バグダッドにある旧米軍管理領域にロケット弾が数発撃ちこまれ…
8日欧米時間の日経225は、堅調な推移となった。NY時間中に発表されたイランによる米軍基地への攻撃についてのトランプ大統領による声明にて、攻撃に対する対抗措置は経済的制裁の強化に留まる姿勢が示され中東情勢への懸念後退、リスク選好の地合いが広がった。日経225は声明発表後に一段と…
8日日本時間帯の日経225は、朝方のイラン革命防衛隊によるイラクに駐留する米軍基地へのミサイル攻撃開始の報道を受け一時22,924円まで売られる場面がみられた。その後は、落ち着きを取り戻し23,200円中心の取引となっているが、やや上値の重さが意識される展開で推移している。米国イラン…
7日欧米時間の日経225は上値の重い推移となった。中東情勢への警戒感からリスク資産へに対する市場の食指は動かず、7日東京時間の水準からじりじりと値を削る展開。欧州時間序盤には23,400円台後半に位置していたが、NY時間の終盤には一時23,299円へと本日安値を更新する動きを見せている。…
7日日本時間帯の日経225は、概ねしっかりとした値動きとなり23,400円台後半での取引となった。米国イラン情勢緊迫化にも関わらず前日の米株価指数は反発したことを受け昨年末から続いていた調整安の流れが一旦止まった格好となった。イラン情勢に関しペンス米副大統領は今月13日にイラン政…
6日欧米時間の日経225は確りとした推移となった。欧州時間序盤、日本時間の流れを受けて軟調推移が目立つなかで、一時23,026円まで6日安値を更新。しかし、大台付近では押し目を拾う動きが優勢となり、結果的には23,000円の大台割れとはならなかった。同水準におけるサポートが確認されたこ…
6日日本時間帯の日経225は、23,200円を挟んだ上値の重い展開となり、一時23,066円を付ける場面もあった。引き続き米国とイランの対立激化に伴う地政学リスクが嫌気され、買い手控えムードとなっている模様。また、外国為替市場で米ドル安・円高が進んだほか、原油や金価格の急騰なども追い…
今週の株式市場は、イラン情勢の緊迫化を警戒してリスクオフの地合いが強まり、売り優勢の展開が目立つ相場付きとなりそうだ。米国によるイランへの攻撃後、両国の関係は悪化の一途を辿っているが、週末にイランが「無制限のウラン濃縮」実施を表明し、一段と緊迫感が増している。また、イ…
3日日本時間帯の日経225は、前日の米国市場でダウ平均株価が高値更新した流れを受け23,700円台でしっかりした取引で始まった。その後次第に売り込まれ一時23,235円を付け、午後からは23,300円前後の値動きとなった。立会中にアメリカ軍の攻撃でイランの精鋭部隊、革命防衛隊の司令官が死亡…
2日年明けの日本時間帯の日経225は、序盤から確りした展開となり概ね23,500円台での取引となった。米中貿易問題は、年末にトランプ大統領が「1月15日に米中貿易協議の第1段階の合意に署名。その後に第2段階の協議で北京に向かう」と述べたことが伝わったことから楽観的な見方になった模様で…
30日欧米時間帯の日経225は、23,600円台での小動きで推移していたが米国時間帯に下げが加速し23,399円が終値となった。高値更新を続けていた米国市場のダウ平均が年末の手じまい売りが入り下げ基調になると日経225も追随した格好となった。米中貿易協議については、来週あたりに署名との報…
週明け日本時間帯の日経225は、寄付きから売られる展開となり23,600円台を中心に取引された。東証が年末年始の休みに入ることから手じまい売りが先行する形となり、日経225も頭の重い動きに。外為市場でポジション調整とみられる取引からか、米ドル円が朝方の109円50銭どころから一時109円…
週末、欧米時間帯の日経225は、23,800円を挟んだやや重たい値動きとなり23,769円で終了した。米株式市場は、景気の先行きに楽観的な雰囲気が続きダウ平均が高値更新を続けている。ただ日経225は、年末年始を控えここ数日様子見模様のやや重たい展開となり商いも低調となっている。市場参加…
27日日本時間帯の日経225は、概ね23,800円台を重たく推移した。休み明けのNY市場が好調で終了していることからその地合いを引き継ぐかと予想したが、日本市場においては年末に入るため市場参加者が少なく商いも低調なことや為替がやや円高に振れたことも追い打ちをかけ終日じり安の展開とな…
26日欧米時間帯の時間帯の日経225は、概ねしっかりとした値動きとなり日付が変わるころから23,900円を挟んだ取引となった。最高値付近に位置するNYダウが休場明けの米国市場において上昇を続けるのか注目してきたが、米中の第1段階での合意への期待感や発表された経済指標が好結果であった…
26日日本時間帯の日経225は、立会い早々に23,744円を付けるとこれが安値となり概ね23,800円台でのしっかりとした取引となった。世界的にクリスマスムードで材料難の中為替市場においてドル円がやや円安に振れたことを手掛かりに買われやすい環境となったか。現在の日経225は、年末を迎えて…
24日欧米時間帯の日経225は、小動きとなり23,775円で終了した。米国市場がクリスマスイブで半日の取引となり取引参加者も少なく様子見模様となった。なお、本日はクリスマスのため、くりっく株365取引の海外市場が休場となり日経225も15:00までの取引となる。足元で最高値付近に位置するNY…
24日日本時間帯の日経225は、欧米時間帯の流れを引き継ぎ23,700円後半の小幅な値動きで推移している。アジア市場をはじめ多くの市場がクリスマス休暇を控えて動意薄の展開となっている。市場参加者が市場に戻ってくるまでは、方向感のない値動きとなりそうだ。休み明けのNY市場で高値更新を…
23日欧米時間帯の日経225は、23,700円後半を小幅な値動きで推移し23,789円で終了した。米中貿易問題は、中国が米国産の一部商品に対する関税を引き下げると述べたことが伝わり、また先週末にトランプ大統領が、「米中による最初の合意への署名がまもなく実施される」と述べている。このこと…
23日日本時間帯の日経225は、23,800円前後の小幅な値動で推移している。米中貿易協議については、トランプ大統領が「間もなく米中は第1段階の通商合意に署名する」と発言したことが伝わり市場は好感しているものの、これを材料に買い上がるまでの動きには至らず相場への影響は限定的なもの…
週末の欧米時間帯の日経225は、概ね小確りとした値動きとなり23,794円で終了した。米中貿易協議は、トランプ大統領が「貿易合意について中国の習主席と、とてもよい話ができた」と述べたことが伝わり第1段階が署名へ向けて進展しているとの報道が伝わった。また米中から発表されている経済…
20日日本時間帯の日経225は、立会い早々に高値23,864円をつけると一時23,680円まで売られる展開となった。その後は落ち着き、概ね23,700円台の小幅な値動きとなっている。海外市場がクリスマスモードに入っていることなどから、東京市場においても積極的な取引が見送られる傾向に。敢えて高…
19日欧米時間帯の日経225は、23,700円台の小幅な値動きとなり23,786円で終了した。前日に米下院がトランプ大統領のウクライナ疑惑弾劾訴追決議案を可決したことによる株価への影響はなく、米中貿易交渉の結果への期待が評価された格好となり、NYダウは最高値を更新している。ただ市場も次第…
19日日本時間帯の日経225は、概ね23,800円付近をやや重い展開で推移した。午前中にトランプ大統領弾劾訴追の決議案が米下院で可決したとの報道が伝わり一時23,744円まで押される場面があった。ただ市場は、ある程度織り込んでいた模様で下げ幅としては限定的となっている。トランプ大統領は…
18日欧米時間帯の日経225は、概ね23,800円台中盤の小動きとなり23,854円が終値となった。トランプ大統領弾劾訴追の決議案の審議は、開始から7時間たった日本時間19日午前6時現在も審議を続けている。決議案は、下院で多数を占める民主党の賛成多数で可決する見通しとの報道もある。トランプ…
18日日本時間帯の日経225は、やや重たく推移し23,900円を挟んだ取引となっている。先日行われた英国の総選挙では、保守党が選挙に大勝し市場は好感していたが、ハードブレグジットに対する懸念が依然くすぶり経済にどの程度の影響が出るのか不透明なってきた。米国では、18日アメリカ時間帯…
17日欧米時間帯の日経225は、概ね23,900円台後半の小幅な方向感のない値動きとなり23,962円で終了した。直近の日足線では、24,000円からの高値追いに慎重になっている格好となっている。米中貿易問題では、第1段階で合意したものの今後の展開は来年以降となる見込みとの報道もあり、解決に…
17日日本時間帯の日経225は、取引開始早々に23,910円まで売られる場面あったが概ね23,900円台を中心に小幅な値動きとなった。NYダウをはじめ米主要株価3指数が軒並み史上最高値更新とあって、朝方こそ高値警戒感から買い方による利益確定を先行させる動きが散見されたようだ。しかし、中華…
16日欧米時間帯の日経225は、総じて堅調に推移し年初来高値を更新する場面がみられた。高値は24,072円となり、その後は高値圏でもみ合い24,040円で終了。米中貿易協議に関しては、15日に予定していた追加関税発動が見送られ一部の中国製品への関税も引き下げられる見通しとなったことから、…
16日東京時間の日経225は23,900円を中心にもみ合う展開となった。英総選挙、米中貿易協議の第一弾合意と、今年の相場をけん引した話題が相次いで消化され、本日は落ち着いた値動きとなっている。目先の懸念材料が払しょくされたことで、高値圏ながらも下値は堅く、東京時間の午前中に23800…
13日日本時間帯の日経225は、米国時間帯の流れを引き継ぎしっかりした値動きとなり、正午過ぎに年初来高値を更新し一時24,008円まで買われる場面があった。午後も概ね23,900円台での推移となっている。米中貿易交渉については、トランプ大統領が中国との第1段階の貿易合意を承認したとの報…
12日欧米時間帯の日経225は、しっかりした値動きとなり年初来高値を更新し23,660円で終了した。米中貿易交渉は、トランプ大統領から「中国との大きな取引に非常に近づいている。彼らはそれを望んでおり、私たちもそうだ」と述べたことが伝わり株式市場は敏感に反応した。米国側の関税引き下…
12日日本時間帯の日経225は、概ね23,300円台の方向感の乏しい取引となっている。本日は、FOMCで政策金利が据え置かれたものの、パウエルFRB議長が利上げのハードルの高さを印象付ける内容の記者会見を行ったことで、外為市場で米ドル円がやや円高気味に推移。しかし、NYダウなど米主要株指…
11日欧米時間帯の日経225は、23,300円台を底堅く推移日本時間4:00に発表されたFOMC政策金利後も高値圏を維持し23,376円で終了した。注目されたFOMC政策金利は、結果:1.50-1.75% 予想:1.50-1.75% 現行:1.50-1.70% と予想通り据え置きとなった。その後のパウエル議長の会見では、米経済は…
11日日本間帯の日経225は、23,300円を挟んだ方向感のない動きとなった。米中貿易交渉については、クドローNEC委員長が「15日の関税発動は依然として検討している」との発言を行っているほか、ナバロNTC委員長も「合意するかは中国次第」、「合意をせずに15日に予定されている対中関税引き上…
10日欧米間帯の日経225は、概ね23,300円台の小幅な動きとなり23,361円で終了した。米中貿易交渉は、「米中交渉担当者が12月15日予定の関税発動見送りを計画」「中国側は、関税引き下げ協議の中で、15日予定の関税の発動の見送りを想定している」との報道が伝わった。これを受け一時買われる…
10日日本間帯の日経225は、午前中に一時23,266円まで売られる場面もあったがその後は23,300円台半ばの値動きとなった。今日から開催される米FOMCや今週半ばのECB理事会、英総選挙など重要イベントも予定されており、相変わらず動意薄の展開が続いている。立会中に北朝鮮関連で韓国政府から…
9日欧米間帯の日経225は、23,300円台半ばの小幅な値動きとなったが引け際にやや押され23,290円で終了した。今週は、日本時間12日4:00に発表されるFOMC政策金利、英総選挙の投票、15日(日)対中追加関税の期限と直近の話題の結果が出てくることから、それまでは模様眺めの展開か。テクニカ…
週明け日本時間帯の日経225は、週末の米国時間帯の流れを引き継ぎ23,400円台での取引で始まったものの為替がやや円高に進行したことをきっかけに一時23,283円まで売られた。その後持ち直し23,300円後半での取引となっている。市場は、週末発表された米雇用統計がかなり強い数字が発表され米…
6日欧米時間帯の日経225は、日本時間帯の流れを引き継ぎ23,300円前後の取引で始まったものの米国時間帯に入り米雇用統計が発表されると23,400円台に上昇することとなった。米雇用統計は、非農業部門雇用者数が結果:26.6万人 予想:18.3万人 前回:15.6万人(12.8万人から修正)失業率が結果…
6日日本時間帯の日経225は、米国時間帯の流れを踏襲する形で小動きながら底堅い値動きとなった。今夜の米雇用統計待ちで仕掛け辛い環境ではあるものの、中国・上海総合指数および香港・ハンセン指数を中心にアジア株が堅調推移となっていることを好感する動きとなった模様である。ところで…
5日欧米時間帯の日経225は手掛かり材料に乏しく小動きに推移。23,300円を挟みレンジ内での取引となった。6日の米雇用統計発表を前に模様眺めを決め込む向きが少なくなかった模様。この日米10月の貿易収支が発表となったが、赤字額が予想を若干下回る内容でほとんど材料視されなかったようだ…
5日日本時間帯の日経225は、「米中は第1段階の貿易合意に近づいている」との一部報道が伝わり、トランプ米大統領の「米中合意は大統領選後でも構わない」との発言から大幅安となった状況から一転23,200円台での取引となった。また米当局者からは、「対中追加関税を発動する15日を前に第1段…
4日欧米時間帯の日経225は、米中通商交渉に対する警戒感が一服したことで堅調に推移。NY株式市場三指数が揃って反発基調となったことを好感し、米時間帯の後半には23,300円台を回復する場面がみられた。この日は、米通信社の米中交渉が合意に近づいているとの報道を受け、前日のトランプ米…
4日日本時間帯の日経225は、23,000円台の小幅な値動きとなった。アジア市場は、トランプ米大統領が3日に「米中貿易合意は大統領選後でも構わない」と述べたことで、今月15日の米国による対中追加関税引き上げの可能性が高まったとの見方が台頭し、軒並み大幅に売られる展開となった。ただ、…
3日欧米時間帯の日経225は、NY株式市場の大幅続落を眺め売り先行の展開を余儀なくされた。この日は米中通商交渉に絡んで、トランプ米大統領が長期戦も辞さない旨の発言を行ったことが伝わり、リスク回避の動きが加速することに。NYダウが一時457ドル安まで下げ幅を拡大するなど米株価三指数…
3日日本時間帯の日経225は底堅さが目立つ展開となった。米11月ISM製造業景気指数の下振れを嫌気し売り先行となった2日米時間帯の流れを引き継ぐ形で軟調に寄付いた後は、こちらも概ね安く始まったアジア株が下げ幅を徐々に縮小させる展開となったことから、日経にも値ごろ意識が強まる流れ…
2日欧米時間帯の日経225は乱高下の展開となった。欧州の早い時間帯では、この日発表となった中国製造業PMIが50を上回る予想外の良好な結果となったことを好感する動きから買いが先行、一時この日の高値23,513円まで上昇する場面がみられた。しかし米国時間に移って、米11月ISM製造業景気指…
2日日本時間帯の日経225は、先週末中国から製造業PMI(購買担当者景気指数)(11月)結果:50.2 予想:49.5前回:49.3と発表され7カ月ぶりに好不況の判断基準である50を上回る好結果を受け立会い早々に23,400円台後半まで買われた。その後も概ね23,400円台を底堅く推移した。週末の香港情勢で…

免責事項

本ホームページはカネツFX証券(株)の顧客である貴殿に対し、専ら貴社・貴殿にご利用頂く為にご提供申し上げるものです。記載内容は同意を得た場合を除き、第三者に開示することはできません。このような情報にはカネツFX証券(株)により確認されていない情報が含まれていることもありますので、全てご自身のリスクでこれらをご利用下さい。カネツFX証券(株)は本ホームページに記載の情報いずれについても、その信頼性、正確性または完全性について何ら表明または保証するものではありません。本ホームページで述べられている意見は表示の日付のカネツFX証券(株)の判断であり、予告無しに変更または取消されることがあります。

トップへ戻る